ニューエコライン

背景

2013年には排出量が年間199万トン((社)石膏ボード工業会)になると予測される廃石膏ボード。昨年6月1日の環境省通知により管理型品目への移行が決まり、処分コスト高騰を避ける意味合いからも可能なかぎり石膏粉をリサイクルすることが必要になってきました。 石膏ボードは比重が約0.6kgと軽く、施工性に優れ、吸放出温性があり、価格も安いため、建物の内装下地材などに大量に用いられています。その使われた建物が更新期を迎え、廃石膏ボードの排出量が今後急増すると見られています。施設の設備・処理・再資源化技術の開発・有効利用先の開拓が急ピッチで求められています。
このような中当社は、石膏と紙を高精度に分類することで石膏を利用価値の高いニューエコラインとして商品化することに成功しました。 破棄された石膏ボードを再利用して、自然にも土にも優しい優良商品としてご提供させていただきます。

石膏ボード再生製品ニューエコライン仕様

株式会社渡邉興業WATAKOのニューエコライン

容器:紙袋 内容量:20kg 粒度:0.85mm 以下 質量:10㎤あたり0.6kg±0.2kg

石膏ボードの廃材をリサイクルしたグランド用ラインマーカー「ニューエコライン」を作っています。 従来の石灰を利用したラインマーカーはアルカリ性の為、粘膜をやけどしたり目を傷めたりさまざまな問題を起こしてきました。 石膏(二水石膏)を主成分とする「ニューエコライン」はほぼ中性の為、その様な問題を起こすことはありません。

石膏ボード再生製品ニューエコライン注文フォーム

ニューエコラインに関するご連絡は下記フォームからお願いします。 担当の者からご連絡をさせていただきます。